日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

公開日: 更新日:

 日本ハムの沖縄キャンプ開始まで約1週間。新庄剛志監督(49)は臨時コーチとしてタレントの武井壮や青学大陸上部の原晋監督ら各界のスペシャリストを招く方針を示すなど、“新様式”のキャンプが迫る中、最も注目を集める選手のひとりが清宮幸太郎(22)だ。

 昨秋のキャンプで新庄監督からダイエットを課せられると、約2カ月で10キロも減量。今オフはソフトバンク柳田悠岐(33)に弟子入りしたものの、自主トレ中にコロナに感染。二軍メンバーが中心の国頭スタートとなった。プロ5年目の今季は勝負の年になるが、「ただでさえ課題が多い中、出遅れは必至です」と、球団OBはこう語る。

■取捨選択する能力に欠けている

「彼は情報を取捨選択する能力に欠けているところがある。入団してからというもの、球団外からも多くの指導者が清宮に口を出した。その人たちの言うことを何でも取り入れようとして、スイングがグチャグチャになりました。ひとつのことに腰を据えて取り組むこともできず、すぐに別のことを取り入れようとする傾向がある。『自分のスイングはコレ』という芯がまだ定まっていないのです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”