大阪国際女子マラソン担当者を直撃「感染爆発の市街でホントに開催するんですか?」

公開日: 更新日:

 まさに感染爆発だ。

 全国のコロナ感染者は5万人を超え、多くの自治体では連日過去最多を更新。大阪府は23日、過去3番目の多さとなる6219人の新規感染者を記録。24日も月曜日としては過去最多となる4803任の感染者が確認された。前週月曜日は2549人だったから、拡大の一途である。同日、大阪府が独自の感染状況などを伝える「大阪モデル」の基準で赤信号点灯の目安とされる病床使用率50%を突破。警戒から非常事態に移行された。21日に兵庫、京都の3府県で国に要請した「まん延防止等重点措置」は25日にも適用が決まる見通しだ。

 そんな大阪市内で30日、大阪国際女子マラソンが行われる。今年の世界陸上、2024年パリ五輪につながる重要なレースだが、コロナ禍で開催されたロードレースは、主催者がどんなに観戦自粛を求めても公道には多くの人が集まる。大会要項には、「コロナの感染状況や天災など安全な大会運営ができないと判断した場合は中止する」とある。24日午前、大会事務局に「どんな状況になれば中止を考えるのか」と聞いたところ、次のような答えが返ってきた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”