リバプール南野は交代出場も存在感ゼロ…先発&ゴールで森保J猛アピールの思惑も大外れ

公開日: 更新日:

 英プレミアリーグ2位のリバプールでプレーする日本代表MF南野拓実は、23日に行われたクリスタル・パレス戦のキックオフの笛を<定位置>のベンチで聞いた。主軸アタッカー陣のFWのサラー(エジプト)、マネ(セネガル)がアフリカ選手権出場で不在にもかかわらず、今季初先発を逃してしまったのだ。

 南野は今季公式戦17試合出場し6ゴールを挙げているが、カップ戦要員としてプレミアリーグは交代出場のみ。初先発を予想する現地メディアもあったが、出番が回ってきたのは後半15分。3トップの右に入ったが、ボールタッチの回数はわずかに6回。相手ゴール前で味方に出そうとした右足ヒールパスを失敗した瞬間に試合終了。

 試合はリバプールが3-1で逃げ切ったが、南野自身は存在感ゼロに終わった。

「南野の描いていた青写真は、クリスタル・パレス戦でリーグ戦初先発を果たし、あわせて今季7得点目を決めて意気揚々と24日夜に帰国。25日の練習から日本代表に合流して森保監督に猛アピールし、27日のW杯アジア最終予選・中国戦と2月1日のサウジアラビア戦でゴールを決め、森保ジャパンに南野あり! を印象付けるというものだった」(サッカー関係者)

 2020年12月に南野は、クリスタル・パレス相手にプレミアリーグ初ゴールを奪っている。相性の良い相手との一戦だったが、思惑外れに終わってしまった──。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?