巨人“桑田監督”誕生は菅野がカギ!「中5日・完投」にエース賛同、投手陣再建なら出世の目

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(32)が23日、ジャイアンツ球場でブルペンに入り、立ち投げで約20球を投げた。今オフは沖縄・宮古島で阪神・藤浪らと自主トレを行っていた。

 昨オフはポスティングを使ったメジャー球団との交渉のため、練習不足のままシーズンに臨み、19試合の登板で6勝7敗、防御率3.19。今オフは宮崎キャンプ初日の2月1日に3年ぶりとなるブルペン入りの予定を明かすなど、「例年に比べたら仕上がりは早い」と言う。

 近年の菅野は、2017年(17勝)、18年(15勝)、20年(14勝)に最多勝となったものの、19年(11勝)、21年(6勝)は思うような成績が残せなかった。19年は腰、21年は右肘を痛めているため、要はコンディション次第。ここでキーマンとなるのが、桑田真澄投手チーフコーチ(53)の存在だ。

 今季は延長戦が復活し、十二回まで行われることが予定され、「先発投手が1イニングでも長く投げないと投手陣はもたない。完投できる投手を増やしたい」と語る桑田コーチは、一方で原監督が掲げる「中5日」での登板についても「すごくいいこと。投げられない人はプロ野球選手にならない方がいい。やり方を知れば必ずできる」と持論を展開。そんな新チーフコーチの方針を率先して体現する立場なのが、エース菅野なのだ。こちらも「中5日はきつくない。戸郷の若さできついなんて言ってらんないでしょ」と賛同しているから、桑田コーチにとっては心強い限りである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?