大谷翔平リアル二刀流2年目へ抜かりなし! 早々渡米で同地区ライバルみっちり研究

公開日: 更新日:

 今季がリアル二刀流の実質2年目となるエンゼルス・大谷翔平(27)が早々に渡米した。

 メジャーでは労使交渉が決裂し、選手契約を凍結するロックアウトに突入。先行きは不透明なものの、2月17日(日本時間18日)からのバッテリー組のキャンプに備えて、恒例となっている野球トレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」(ワシントン州シアトル)で、投球動作の最終的な確認を行うことになっている。

 常に故障のリスクが付きまとう二刀流だけに、肩や肘への負担が少ないフォーム固めに励むのだが、大谷が現地で取り組むのはそれだけではない。メジャー5年目のシーズンに向け、頭のトレーニングも欠かさない。

 今オフ、エンゼルスが所属するア・リーグ西地区の各球団はロックアウト突入前までに、大型補強を敢行。昨季、ブルージェイズで最優秀防御率(2.84)、最多奪三振(248)の2冠を獲得し、サイ・ヤング賞を受賞した左腕レイ(30)がマリナーズ、同じくブルージェイズで大谷に次ぐリーグ4位の45本塁打を放ったセミエン(31)がレンジャーズに加入。アストロズには大谷が苦手(打率.235、2本塁打、3打点)とするベテラン右腕バーランダー(38)が約2年ぶりに復帰する。昨季、達成できなかった「2ケタ勝利と2ケタ本塁打」のルース超えを果たすため、ライバル球団の主力の分析を図るのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?