ロッテ小林雅英「緊張で何も覚えていない」【合同自主トレ・春キャンプで起きた新人のハプニング】

公開日: 更新日:

巨人ドラ1澤村が新燃岳噴火で「のどに違和感」もウエートトレ

 プロ野球の新人合同自主トレが真っ盛りだ。右も左も分からないだけに、1年目は何かが起こる。球界OB、関係者が1月の新人合同自主トレ、2月の春季キャンプで起きた「新人選手のハプニング」を明かした。

 ◇  ◇  ◇

 11年1月27日、宮崎県と鹿児島県の県境にある霧島山系の新燃岳が噴火した。巨人が合同自主トレを行っていた宮崎市内は、噴火口から約55キロの距離。練習の時間帯こそ青空が広がっていたが、夕方には上空に灰色の噴煙が延びてきた。さるチーム関係者は「エースの内海哲也や新人で唯一参加していたドラフト1位・澤村拓一も『のどに違和感がある』と口にした。特に澤村はプロ初のキャンプの前にいきなり火山が噴火して戸惑いを隠せなかったようです」と言う。

 キャンプインの2月1日も午前8時前に新燃岳で2日ぶりに爆発的噴火が発生。グラウンドに火山灰が降り積もったため、ウオーミングアップ場所が室内練習場に変更となった。選手からは「せきが出る」「呼吸するのが大変」「口の中がジャリジャリして目が痛い」といった声が相次いだ。

「それでも澤村は休日に畜産農家を訪れた際、『宮崎は口蹄疫、鳥インフルエンザ、新燃岳の噴火など、悲しいニュースが続いている。プレーで宮崎の人を勇気づけたい』と言うと、宿舎に戻るなり一心不乱にウエートトレーニングに励んでいました」(同前)

27歳オールドルーキーの左肩痛を救ったプロのトレーナー

 00年の西武ドラフト2位の三井浩二氏は「僕がプロ入りしたのは27歳の時。社会人野球も9年やって、いわゆるベテランの域だった。だから、新人合同自主トレは体力的につらかった。特にアップやランニングなどの走るメニューが……。社会人野球で1月はあまり練習しません。会社の業務もあるので、一日まるまる練習というのはない。それでも即戦力と期待されていたので、早くブルペンでアピールをと思って飛ばし過ぎた。合同自主トレ中に左肩を痛めました」。

 そんな三井氏を救ったのがチームのトレーナー。

「僕が自分で気付くより早く、『ここが張ってますね』と丁寧にマッサージをしてくれた。これで助かったと言っても過言じゃありません。これも社会人とプロとの違いですが、社会人野球は大会中でもない限り、常にトレーナーがいるわけではない。活動形態がプロと異なるので仕方ないけど、『プロはここまで丹念にマッサージしてくれるのか』と感動しました」

「頭が真っ白で何も覚えていない」

 98年のドラフトでロッテに1位指名された小林雅英氏は、「1年目のキャンプの練習内容は、頭が真っ白で何も覚えていないんです」とこう続ける。

「いつブルペンに入ったか、誰とキャッチボールをしたかも覚えていない。とにかく緊張しっぱなしで、気付いたら1月が終わっていたという感じ。一軍キャンプに抜擢されたルーキーは僕ひとり。周囲は知らない人ばかりだし、初めてだから何をしていいかも分からない。担当スカウトが何日かに1度来て、少し話をするのが唯一の安らぎでした(笑い)。同期の新人がいれば、まだ余裕もあったんでしょうけど……」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?