権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

阪神の今季の問題はただひとつ 4番や開幕投手などどうでもいい

公開日: 更新日:

「競争」という言葉ほど便利なものはない。

 2月からのキャンプを前に、首脳陣がそう言っておけば、なんとなく角が立たない。メディアも「横一線」とか「あるぞ若手の抜擢」「サプライズ起用も」などと、好意的に報じてくれる。日本ハムの新庄監督も強調しているし、阪神矢野燿大監督(53)あたりも好んで使う。先日も、今季の開幕4番と開幕投手について触れていた。

 いわく、4番打者は「大山と佐藤輝を争わせる」のだという。大山と2年目の佐藤輝が競争を勝ち抜いたとき、「本当の4番ができると思う」とした。開幕投手も同様に、西勇と青柳、秋山に2年目の伊藤将を加えた4人にチャンスがあるとし、競争をあおっている。

 当たり前のことだろ、と言っては気の毒だ。4番は? 開幕投手は? と聞かれれば、無難にそう言わざるを得ないのだから。昨季、矢野監督は開幕4番に起用した大山と心中できなかった。5月に故障で離脱すると、復帰後に調子が上がらないと見るや、6月末には6番や7番に降格。その後は、打順を上げたり下げたりと落ち着かなかった。佐藤輝の起用に関しても同様だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避