日ハム新庄監督ド派手言動の裏で…実際のキャンプは「名より実を取る」チョー地味路線

公開日: 更新日:

 ビッグボスがまたもメディアをジャックした。

 注目のキャンプインまで10日余り。日本ハム新庄剛志監督(49)が、執筆した80ページに及ぶ「新庄ノート」をミーティングで配布し、練習には各界から最大でスペシャリスト8人の臨時コーチを招聘するキャンプの構想を明かすや、スポーツマスコミはこぞって、

<(秘)400冊シンジョウシキ>

<ノムさん魂継承 マル秘本>

<夢の沖縄キャンプ 各界のスター集結>

 と、例によって大騒ぎしているのだ。

■「教えを請う価値はある」

 日本ハムOBがこう言う。

野球界内外からスペシャリストを招集するというプランに関しては、早くもさまざまな名前が取りざたされています。新庄監督と同学年で天才打者と言われた元広島前田智徳さん(50)、かねて親交のある青学大陸上部の原晋監督(54)、タレントの武井壮さん(48)などなど。例えば、十種競技の元日本チャンピオンでもある武井さんは、今もタレント業の傍らトレーニングを重ね、陸上のマスターズ大会に挑戦して、41歳で出場した大会の4×100メートルリレーでマスターズのアジア新記録をマークしています。新庄監督は球団の関係者とキャンプの方針を話し合う中でも、『50歳近い年齢になっても、あれだけのスピードで走れるということは、トレーニングの方法、体の使い方に秘訣や秘密がある。教えを請う価値はあります』と武井さんの名前を出していたとか。単なる話題づくりではなく、新庄監督なりの考え、意図があるようです。さまざまなアプローチでチーム、選手に刺激とヒントを与えるということでしょう」

延々と繰り返される守備と基礎練習

 就任以来、次から次へと話題を提供する新庄監督だが、一方でネット上には<話題づくりはもう飽きた><そろそろ野球に集中してください><パフォーマンスを考える時間をチームと選手のために使ってほしい>というファンの意見も散見されるようになってきた。

 肝心のその本業の方だが……。

 別の球団OBが、「派手な言動とは裏腹にキャンプの練習は極めて地味なものになりそうです」とこう続ける。

「すでに新庄監督本人が『暗くなってボールが見えなくなるまで……かなり遅くまで(練習を)やる』『試合より練習をさせたい。練習はものすごくさせる』と宣言しているように、長時間かつハードな練習を課すことになるのは間違いない。15時には選手がグラウンドから誰もいなくなるということもあった栗山監督時代に比べれば、かなり厳しくなる。就任後に視察した昨秋のキャンプで真っ先に球団に要求したのが、それまで20時に閉鎖していた室内練習場の夜間開放だったそうですからね。しかも、キャンプ前半は徹底的に守備を鍛える方針。工夫は凝らすでしょうが、打撃練習の時間を削ってでも、地味な基礎練習を繰り返しやらせるメニューを組んでいる。1点を守る野球を標榜しているだけに、妥協はしないはずです」

 選手が気持ちよくスタンドに打球を放り込むフリー打撃は、キャンプの華のひとつだ。プロの凄さが観客に分かりやすく伝わるため、柵越えするたびにスタンドから歓声や拍手が湧き起こるものだが、こと練習に関しては「名より実を取る」というのだ。

「そのフリー打撃にしても、選手には制約が設けられる可能性がある。新庄監督は一発のホームランより、投手の頭を抜くような低いライナー性の安打を選手に求めています。より実戦的な練習を課すでしょうから、キャンプが有観客開催になったとしても、スタンドのファンはつまらないかもしれません」(同)

■紅白戦や練習試合の削減も

 紅白戦や練習試合にも否定的。最近はどの球団もキャンプ第2クールの2月8日前後から試合を行い、実戦を通して調整をしていくのが通例となっている。実戦10試合を予定している日本ハムも2月8日に古巣の阪神との練習試合が組まれ、CS放送で生中継されることになっているが、新庄監督は9日に出席したスタッフ会議後、「試合が多いでしょ。練習をさせたいんですよ」と報道陣に漏らしている。ビッグボスの鶴の一声で、試合数が削減される可能性もあるというから、沖縄・名護の一軍、国頭の二軍でも地に足を付けた地味な練習が延々と繰り返されることになりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避