オミクロン株大流行で国内スポーツ界は崩壊寸前…アマ競技にもクラスターで続々大会中止

公開日: 更新日:

 毎日のように新型コロナの感染者が出ているスポーツ界。20日は高知で1次キャンプを行っているサッカーJ2のアルビレックス新潟の所属選手5人が陽性判定。前日までに1人の感染が判明しており、キャンプも19日から一時中断している。

 競泳では瀬戸大也らが感染し、21日からの北島康介杯を辞退。プロ野球でも自主トレ中の選手が次々に感染している。

 あるパ球団のスタッフは「一般の人より検査の回数が多いのだから、感染者が増えるのも仕方ない」と、こう続ける。

「現在流行しているオミクロン株は、感染力が強いといわれている。重症化率は低く、医療現場からは風邪と似た症状が多数報告されています。しかし、だからといって無視はできない。野球もそうだが、多くのスポーツイベントは政府や自治体の方針が適用されます。無症状でも陽性と判定されれば、一定期間の隔離が必要です。政府の方針で外国人の新規入国も禁止されているので、キャンプは新助っ人不在となりかねない。我々も対策は練ってはいるが、『感染しやすい』オミクロン株対策となると、昨年以上に厳格にやる必要も出てくる。下手をすればシーズン中も続々と感染者が出かねません」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避