巨人・岡本和真が“裏任務”を遂行…「坂本引導」計画のキーマンに高卒2年目の中山礼都

公開日: 更新日:

 巨人の主砲・岡本和真(25)が19日、関東近郊で同僚の吉川尚輝(26)、中山礼都(19)らと行っている自主トレを公開。この日はウエートトレーニング、打撃練習などで汗を流した。

 レギュラー2人に弟子入りしている19歳が今後、巨人のキーマンになるかもしれない。中山は中京大中京高からドラフト3位で入団し、高卒2年目を迎える遊撃手。1年目の昨季は二軍で打率.309をマークした。

 一軍の遊撃のポジションは2008年から14年間もの長きにわたり、主将の坂本勇人(33)が守ってきた。元木ヘッド兼オフェンスチーフコーチは「中山が『坂本さんもういいですよ』って言うくらいの選手にならなきゃいけない。なってもらわないと困る」とゲキを飛ばし、「強化指定選手」に指名。中山自身もオフの契約更改の席で球団から「来年からショートのレギュラーを取るつもりでやってくれ」と言われたことを明かしていた。球団も坂本に頼り切っている現状に危機感を覚えているのだ。

中山に求められる長打力

 一方の岡本和は年始にも阪神・井上に弟子入りを志願され、逆方向への長打の打ち方などを惜しみなく伝授した。岡本和はこの日、「(年下から)練習をしてくださいって頼まれるようになってきて、僕でいいのかっていう気持ちはある」と笑ったが、2年連続2冠に輝いた技術とパワーは、若手にとっては垂涎の的である。さるチーム関係者がこう言った。

「そもそも中山は『二遊間を守っていて同じ左打者の(吉川)尚輝さんにいろいろ聞きたい』と正二塁手の吉川に自主トレ同行を志願した。それでも、せっかく岡本と一緒にやっているのだから、球団としては中山に打撃を教えて欲しいところ。ファームで3割をマークしたアベレージタイプだけど、本塁打はゼロ。岡本のような長打力が身につけば、坂本を脅かす可能性が高まる。とにかく球団は、坂本を激務の遊撃から解放して打撃に専念できる環境をつくりたい。でないと、現役生活が短くなりかねません」

 元木ヘッドが言うまでもなく、岡本和は「ポスト坂本」育成の“裏任務”も課せられているようだ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”