競泳・瀬戸大也がコロナ感染で北島康介杯欠場 24年パリ五輪は優佳夫人と立場逆転の可能性

公開日: 更新日:

 競泳男子の瀬戸大也(27)が新型コロナウイルスに感染したため、21日開幕の北島康介杯(東京辰巳国際水泳場)を欠場することになった。

 2020年の不倫騒動から復帰し、昨夏の東京五輪では金メダル取りを公言しながら、400メートル個人メドレーは予選敗退、200メートル個人メドレーは4位に終わり、表彰台にすら届かなかった。昨年10月には「環境を変えたい」と、米国に練習拠点を移し、積極的に賞金レースに出場するなど、24年パリ五輪に向けて再スタートを切っていた。

 ここにきて、不倫発覚後も亭主を見捨てず、支え続けてきた飛び込み元日本代表で、09年東アジア大会銅メダルの優佳夫人(26)が現役復帰に向けてトレーニングを再開。現役時代にかなわなかった五輪などの大舞台に立つ夢を実現させるため、2人の子供を両親に預けて栃木県内の施設で合宿を張るなど、本格的な練習に励んでいるという。

飛び込みはベテランが活躍するケースも

 飛び込みは先の東京五輪で、20歳前後の選手の活躍が目立った。女子高飛び込みでは14歳の全紅嬋(中国)が金メダルを獲得して話題を呼んだが、ベテラン選手が活躍するケースもある競技だ。同じく東京五輪では若手に負けじと女子シンクロ板飛び込みで30歳の王涵、29歳の施廷懋の中国ペアが頂点に立った。

 出産経験のある選手が世界のトップレベルで活躍するのも珍しくはない。00年シドニー五輪高飛び込み金メダリストのローラ・ウィルキンソン(44=米国)は08年北京五輪を最後に引退してから4人の子供を持った。東京五輪出場を目指して17年に復帰し、国内大会で2位に入るも、代表選考会では10位に終わり、五輪出場はならなかったが、往年の飛び込みを披露した。

 2人の子を出産した優佳夫人は、まだ26歳。今後の調整次第では夫を尻目にパリ五輪出場も決して不可能ではない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき