水島新司さんは“球界の大予言者”だった!「二刀流」ほか漫画エピソードが次々現実に

公開日: 更新日:

 野球漫画の巨匠、水島新司さんが亡くなった。82歳。18歳のデビュー以降、2020年の引退宣言まで63年間の執筆生活で残した名作は数知れず。「ドカベン」「あぶさん」「野球狂の詩」など野球漫画一筋に書き続けた。

 ライバルの漫画家・ちばてつやさんが、追悼コメントで「監督や控え選手などを含むベンチワークまで綿密に描ききり、プロ野球選手をうならせるほど専門的な目線で野球の『可能性』と『面白さ』を探り続けてきた」と指摘した通り、その作風は球界や実在の選手たちにも多大な影響を与えてきた。

 それゆえ、漫画で描いたエピソードが、のちに実現するケースが多々あり、水島さんは“大予言者”でもあったのだ。

松井の5打席連続敬遠も、札幌ドーム誕生も

【5打席連続敬遠】

 最も有名なのはこれ。「ドカベン」の山田太郎が高2春の甲子園で、江川学院の投手・中二美夫から5打席連続敬遠されるシーンだ。1992年夏、星稜高の松井秀喜が明徳義塾戦で5打席連続四球と勝負を避けられ、現実世界で再現した。この時の松井の平然とした態度が「山田太郎そっくりだった」とし、水島さんは松井の大ファンになったという。

【50歳の現役投手】

「野球狂の詩」で活躍した岩田鉄五郎の初登場時の年齢は50歳。これも2015年に中日の山本昌投手が達成した。2人とも晩年は技巧派のサウスポー。ちなみに「あぶさん」の主人公、景浦安武は62歳まで現役を続けたが、この記録は当分、破られそうにない。

【二刀流】

 87年連載開始の「ストッパー」では主人公の三原心平がプロ野球選手として、1番センターとストッパーの両方をこなす二刀流選手として描かれた。大谷翔平は昨年メジャーで「1番・投手」を実現。MVP獲得など水島さんの予言を上回る大車輪の活躍を見せた。

【高校最速163キロ】

 水島作品で高校生最速は「大甲子園」で青田高校の中西球道が記録した163キロ。当時は「まさか」の球速だったが、19年に岩手・大船渡高校の佐々木朗希の投じた1球が同じ163キロを計測し、現実が漫画に追いついた。

 ほかにも81年連載開始の「光の小次郎」で、東京ドームの完成(88年)前から「札幌ドーム球場」と北海道を本拠地とするプロ野球球団を描き、23年後に実現──など先見の明には舌を巻く。野球狂の詩に「女性初のプロ野球選手」を登場させてから、もうすぐ半世紀。91年にプロ野球規約の「女性制限」はとうに撤廃されており、「未来の水原勇気」の登板をきっと、水島さんも天国で心待ちにすることだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”