北京五輪で怖いのはコロナより中国のサイバー攻撃 オランダは選手団に端末持ち込みNGと注意喚起

公開日: 更新日:

 ある意味、ウイルスよりも怖い。

 2月4日に開幕する北京冬季五輪。再び世界的に新型コロナウイルスへの警戒感が高まる中、参加するアスリートたちには別の強い懸念がある。現地でのスパイ行為やサイバー攻撃だ。

 中国ではインターネットやSNS上での投稿や発信は国によって監視され、自由な発言が制限されている。五輪を含む国際的なイベントでは定められた場所での発信は認められているとはいえ、個人情報は中国当局に筒抜けとされ、日本や諸外国での「常識」は通用しない。中国情勢に詳しい国際ジャーナリストの近藤大介氏はこう言う。

「2008年の北京五輪では訪中したアフリカ諸国の国家元首やVIP、その親戚や家族に無料で人間ドックを受けさせるサービスを施した。狙いは健康状態の把握です。さまざまな方法で、アフリカ諸国、アフリカ独裁政権の情報収集に余念がありませんでした」

 今回の五輪は米国などが外交的ボイコットを決定。政府関係者を訪中させない国も多い。

■頼んでいないルームサービスが…

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか