丸坊主ストライカー前田大然 セルティックで衝撃デビュー弾! 代表復帰へ猛アピール

公開日: 更新日:

 スコットランド1部セルティックに移籍したばかりの日本人助っ人3人衆が、日本時間18日早朝キックオフの新天地デビュー戦で躍動。チームの2-0勝利に貢献した。

 まずは昨季J得点王の金看板を背負い、横浜Mから移籍したFW前田大然

 1トップで先発して開始4分、右サイドからのパスを右足ダイレクトシュート。ゴール右に流し込んだ。ポルトガルでプレー経験のある<丸坊主ストライカー>の電光石火ゴールに地元サポーターも狂喜乱舞である。

■旗手と井手口もデビュー

 川崎の2020、21年J1連覇に貢献したMF旗手怜央は、初の海外リーグ生活の1戦目で先発し、加入直後の「順応性が高い選手」という評価を証明した。

 2度目の海外チャレンジとなるMF井手口陽介(前G大阪)は、後半30分に旗手と代わって途中出場を果たし、主戦場のボランチでソツなくプレーをこなした。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?