元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

3年ぶりに代表復帰! “ゴールマシーン”武藤嘉紀の新境地に期待したい

公開日: 更新日:

武藤嘉紀(ヴィッセル神戸/29歳)

「もう一度<ゴールマシーン>にならなくてはいけない」

 2021年8月のJ1神戸入団会見でこう力を込めた武藤。そこから約3カ月で5得点を挙げて健在ぶりをアピール。3年ぶりに日本代表候補に返り咲いた。

「正直言って、昨季のクラブでの成績には満足していないですし、ゴールをもっと取りたかった。今回の代表では自分にできる最大限のプレーをして、あとはどうなるかを見てみたい」と意気込む2018年ロシアW杯戦士は、17日にスタートした国内組合宿から、2度目の世界舞台をつかみにいく覚悟だ。

  ◇  ◇  ◇

 17日夕方、合宿地の千葉・幕張で長友佑都(FC東京)や大迫勇也(神戸)ら常連組に交じり、2019年アジア杯以来の復帰を果たした武藤が、ギラギラ感を前面に押し出していた。

 ダッシュやボール回しの後に行われたハーフコートのミニゲームでは右ウイングでプレー。打点の高いヘディングシュートで敵に脅威を与えていた。

 ロシアW杯の頃の彼は1トップのイメージが強かったが、昨季の神戸では右MFや2トップの一角でもプレー。選手としての幅は、確実に広がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由