久保建英が国王杯で強烈FK弾も…FC東京スペイン人新監督が苦言の正論コメント

公開日: 更新日:

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英(20)が、現地15日に行われた国王杯・エスパニョール戦で先制FK弾を叩き込み、チームの5回戦進出に貢献した。

 スコアレスで迎えた前半32分。相手ゴール右20メートルの距離から強烈な左足キック! 昨年12月のアトレティコ・マドリード戦以来、今季公式戦2得点目にチームの公式SNSはお祭り状態。「ホンモノのゴラッソ!」といった書き込みであふれ返り、地元メディアも「魔法の王様があらわれた」と大ハシャギだ。

 久保はスペインの強豪バルセロナで育ち、現在は名門レアル・マドリード所属。履歴書的には素晴らしい。が、レアル移籍後は、中堅チームへのレンタル移籍が続いている。そこでFC東京のアルベル新監督である。

 このスペイン人指揮官は、チーム始動日の16日にオンライン会見で久保に言及。報道陣に「クボは良い選手ですか?」と逆質問した後で「クボは欧州で活躍するのに苦労している」と評したのだ。

「忖度なく現実をズバッと口にしました。高校サッカー優勝のFC東京の高卒ルーキー・青森山田高のMF松木に対しても『欧州の同年代の選手と戦った場合、良い結果を出すのは難しいでしょう』と必要以上に持ち上げない。シビアな評価をすることが、若い選手に過度なストレスを与えず、成長を促すことを知っているからでしょう」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 ホメ上手のメディア関係者にとっては耳が痛かったことだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実