崖っぷち中田翔に巨人で一塁争う秋広が志願の弟子入りも…若手に構っている場合じゃない

公開日: 更新日:

 巨人中田翔(32)が秋広優人(19)と沖縄・石垣島で合同自主トレを行う。秋広が10日、現地で合流した。

 異色の師弟コンビが誕生する。中田は昨季、8月に巨人へ電撃加入すると、34試合の出場で打率.154、3本塁打、7打点と期待外れの成績に終わった。それでも原監督は今季に向け、「一塁争い? 中田だって黙っていないでしょう。(暴力事件で巨人へトレードとなった昨季は)野球をやるような精神状態ではなかったのかもしれない」と期待を寄せている。

 今オフに補強した新外国人野手2人はともに外野手。一塁はその中田を筆頭に、残留したウィーラー、中島、さらに今季から松井秀喜氏の背番号「55」を背負う若手の秋広らが争う。ライバルとなる高卒2年目の秋広から弟子入りを志願されたのだから、「何でオレ?」と中田が驚くのも無理はなかった。

秋広が成長すれば中田の居場所は…

「(中田に)守備のこと、打球の飛ばし方、姿勢について聞きたい」と話している秋広は今季の強化指定選手。元木ヘッド兼オフェンスチーフコーチがトークショーで「若手が今のレギュラーをどかしていかないと強くならない。(秋広は)球団に『55番をつけろ』と言われて、つけるのだから、覚悟を決めてくれているんだろうなと思っている」とゲキを飛ばす有望株なのだ。

 さるチーム関係者がこう言った。

「今ではすっかりおとなしくなったとはいえ、中田はもともと親分タイプ。19歳の若手に『教えてください』と自主トレを申し込まれて頼られること自体、悪い気はしていないはず。ただ、原監督に復活を義務付けられている背水の立場。はっきり言って若手に構っている場合じゃないのも確か。そもそも同じ一塁手だし、背番号55番ということで、秋広が松井のように成長してくれば、中田の居場所はなくなって、立場が危うくなるわけですから」

 中田の年俸は3億4000万円から1億5000万円に大減俸。すでに、危うい立場だ。自身の復活は大前提として、さらに有望株を引き上げないといけないのは、難しい役割である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”