全豪OP4連覇狙うジョコビッチ 特例から一転「ビザ取り消し入国拒否」の全舞台裏

公開日: 更新日:

 外交問題にも発展しかねない。

 6日、男子テニスで世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(34=セルビア)が豪州への入国を拒否された。

 ジョコビッチは4連覇のかかる全豪オープン(OP)出場のため豪州入り。しかし、新型コロナウイルスワクチンを接種しておらず、接種の医学的免除のための適切な証拠を提出できなかったとして入国ビザを取り消された。

 豪州テニス協会はジョコビッチを含む複数の選手に特例措置を認めていたが一転、政府がこれを突っぱねた格好だ。これにセルビアのブチッチ大統領が豪州政府の対応を批判するなどスッタモンダの様相を呈している。

 豪州の水際対策は、かねて他国とは一線を画す厳しいものがあった。2020年3月から昨年10月まで断続的にロックダウンを敢行。累計262日のロックダウンは世界最長だ。アスリートへのワクチン接種に関しても対応は早く、日本では東京五輪代表への優先接種に対して批判が高まる中、いち早く代表選手への優先接種を開始。豪州はコロナによる死亡率が世界で最も低い国のひとつといわれている。スポーツライターの武田薫氏はこういう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す