高校サッカー3冠狙う青森山田を倒すヒントは…準々決勝「東山の戦い方」にアリ

公開日: 更新日:

 高校サッカー選手権は4日、準々決勝の4試合が行われ、ベスト4が出揃った。

 優勝の大本命・青森山田は、東山(京都)に先制を許したが、前半のアディショナルタイムにJ1東京入団内定の大黒柱MF松木がPKを決めて同点。後半13分にはFW渡辺が決勝弾だ。

 J入団内定4選手を擁して3回戦まで14得点の静岡学園は、東京B代表の関東第一を終始圧倒しながら、終了間際に1-1に追い付かれた揚げ句、PK戦を落として姿を消す大波乱である。

 8日に新国立競技場で行われる準決勝のカードは大津(熊本)-関東第一と青森山田-高川学園(山口)の組み合わせとなった。

 総体、プレミアリーグEASTに続いて3冠を狙っている青森山田の優勝を阻むチームはあるのか?

「優勝の最右翼は青森山田のままですが、東山はクレバーな戦いを見せてくれた。最終ラインにDF5人を並べ、その前にMFを<逆三角形>に配して堅く守り、マイボールになると2トップ目掛けてロングボールを蹴り込むーーというスタイルで前半16分に先制に成功した。青森山田をきっちり分析した上で粘り強く戦い、大本命を慌てさせた。青森山田の優勝を阻止するためのヒントが<東山の戦い方>に隠されています」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 王者・青森山田の足をすくう高校はどこなのか?

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 2
    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

  3. 3
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4
    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

  5. 5
    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

もっと見る

  1. 6
    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

  2. 7
    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

  3. 8
    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

  4. 9
    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

  5. 10
    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり

    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり