巨人ドラ1翁田大勢は桑田式“鬼指令”の成否を握る男 その潜在能力と実父が明かす辛酸の日々

公開日: 更新日:

 巨人ドラフト1位ルーキー翁田大勢(22=関西国際大)が4日、関西国際大グラウンドで練習を公開した。

 最速157キロ右腕は年末年始も休まずトレーニングを継続。「一年間、ケガをしないように一軍で勝負したい」と腕まくりした。

 巨人は昨季の9月以降、先発投手のコマ不足にあえいだ。苦肉の策として5人による中5日、中4日のローテを断行すると、先発陣が対応できず、チームは4年ぶりの10連敗を喫するなど大失速。借金1の3位に沈む大きな要因となった。

 しかし、桑田真澄投手チーフコーチ(53)は4日付のスポニチのインタビューで「基本は中5日。フォームと制球力を磨けば135球以内で十分に完投できる」と引き続き、登板間隔を詰めた上での完投を奨励した。

「先発の6人目がいない」とされる中、山崎、直江、堀田、さらにドラフト2位左腕のJR東日本・山田、同3位の日大・赤星ら若手がしのぎを削る構図だが、とりわけ首脳陣の期待値が高いのが、この大勢なのだ。

 転機は大学3年春の阪神二軍との練習試合だった。4回3安打2失点5奪三振の好投でスカウトに注目される存在に浮上したものの、さあこれからという時に、新型コロナウイルスの影響で春のリーグ戦が中止となった。同年秋は右肘炎症のため登板できず、モヤモヤする日々を送る。父の八寿男さんは「ドラフトイヤーの4年春に右肘を疲労骨折してしまい、ここが野球人生最大のピンチでした」と振り返る。投球ができなくなり、プロ入りの夢が遠のく中、部員3人がコロナに感染。隔離生活も経験した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す