大坂なおみ「日清食品」契約解除でもビクともせず 逆に国内外企業の争奪戦に発展必至

公開日: 更新日:

 メンタルヘルスを理由に戦列を離れていた女子テニス元世界ランキング1位の大坂なおみ(24=現13位)が日本時間4日、連覇がかかる全豪オープン(17日開幕)前哨戦のメルボルン・サマー・セット1で復帰。第1シードに入り、1回戦で世界61位のアリーゼ・コルネ(31=フランス)と対戦する。

 大坂を巡っては昨年末の27日、2012年から所属した日清食品から契約を解除された。長らく、同社のロゴが入ったウエアを着用するなど、広告塔を務めてきたが、今月1日からはフリーとして活動している。

 大坂にとってはメインスポンサーの1社を失ったとはいえ、それほど痛手ではないだろう。昨年6月の米経済紙フォーブスの記事によれば、年間の総収入は6000万ドル(約69億円)。一昨年には3740万ドル(約43億円)で元世界女王のマリア・シャラポワを抜いて女性アスリート史上最高額を更新してもいる。大坂は20社以上とスポンサー契約を交わしており、広告収入だけで5500万ドル(約63億円)に上るという。

 今回、日清食品から離れたことで、国内外の企業が多様性の象徴的存在である大坂に関心を示すのは必至。

 今後はメインスポンサーの座を巡って国内外の企業による争奪戦に発展しそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?