DeNA今季最下位なのに大盤振る舞いのナゼ…ウラには東京五輪が?

公開日: 更新日:

 DeNAがこのオフ、今季最下位に低迷したにもかかわらず、積極的にカネを投資している。

 国内FA権を取得した宮崎と6年12億円プラス出来高で契約すると、助っ人のオースティンとも3年総額8.5億円の大盤振る舞い。年俸5000万円とはいえ、日本ハムを事実上の戦力外となった大田も獲得。昨オフに梶谷、井納が巨人へFA移籍したことなどの反省も踏まえたようだ。

 その一方で、プロ野球界は折からのコロナ禍で観客動員が制限され、どの球団も赤字に苦しんでいる。南場オーナーは昨年のオーナー会議の際、「減収のインパクトは大きい」と言っていた。どこにそんなカネがあるのか。

 一部ではこんな話もある。今年、2012年の新規参入から10年間が経過し、加盟時にNPBへ預けた加盟料の30億円のうち、25億円が戻ってきた。それが原資になっているのではないか、というものだ。しかし、三原球団代表は「関係ありません」と否定している。地元財界関係者が言う。

「実際、この25億円は親会社のおカネです。球団は独立採算でやっているし、企業努力により、買収前は慢性的な赤字だった球団経営を劇的に改善させている。その一方で、11月に発表した親会社の第2四半期決算によると、東京五輪開催に伴いハマスタを使えなかったことにより、球団は損失補償金として20億9000万円を得ているという。これにより赤字は減ったはずで、むしろこの収入が補強を後押ししたのではないか」

 選手たちは、五輪サマサマだった?

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽