ソフトバンクが球団初の「分離キャンプ」 その狙いと得られる“2つのメリット”

公開日: 更新日:

 チーム強化の一助になりそうだ。

 ソフトバンクは20日、来春のキャンプを宮崎と福岡・筑後の二軍施設で分けて行うと発表した。宮崎では一、二軍中心の70人程度で、筑後は若手や育成選手主体の30人ほどになるという。

 これまでソフトバンクは主力から育成契約1年目の選手まで、全員宮崎の生目の杜運動公園で行っていた。「球界の寝業師」と呼ばれた故・根本陸夫球団社長自ら設計に関わった施設は、「12球団一のキャンプ地」ともっぱらだ。

 しかし、育成選手が多く、20日現在、12球団2位の20人。今年のドラフトでは育成だけで14人を指名した。こうなると、いくら宮崎の施設が優れているといってもキャパオーバー。練習効率も悪くなるため、まだ一軍抜擢には及ばない選手をひたすら筑後で鍛えるのは理にかなっている。

「選手の意識も変わるのではないか。宮崎の施設は一軍が練習するメイン球場の隣にサブ球場があり、二軍以下はそこで練習していた。同じ場所にあるので一軍首脳陣の目に触れる機会もあり、一軍主体の紅白戦で育成選手が抜擢されることもあった。しかし、分離キャンプではそれも難しくなる。筑後組はまだ二軍選手とすら見られていない証拠。彼らには『次のキャンプは絶対に宮崎で!』と発奮材料になる」(球団OB)

 効率化と意識改革の一石二鳥ということだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に