FA移籍の又吉はソフトバンクで活躍できる? 前中日コーチ・阿波野氏が分析する「強みと弱み」

公開日: 更新日:

 FAソフトバンク入りを決断した中日又吉克樹(31)が15日、名古屋市内の球団事務所を訪れて挨拶。報道陣に、「福岡でも(試合の)八回、九回の選択肢になれるように頑張ります」と意気込みを語った。

 新天地は選手層の厚いソフトバンク。リリーフはモイネロ(26)や嘉弥真新也(32)、クローザーは森唯斗(29)とタレントが揃う。そんな厳しい環境に身を投じることになるが、期待に応えることができるのか。

■心配なのは「仕上がりの早さ」

 8年目の今季は66試合に登板して防御率1.28と特筆すべき成績を残した。リリーフとしての十分な実績を認めた上で、「あえて心配な点を挙げるとすれば、彼の仕上がりの早さです」と言うのは、今季まで中日の一軍投手コーチを務めた阿波野秀幸氏だ。

「ピーキングのうまい選手ではありますが、飛ばしやすいタイプ。ソフトバンクのリリーフ陣は故障者が多かったとはいえ、メンバーは揃っている。春のキャンプのブルペンで競争意識を持ちすぎると、オーバーペースになってしまうので、いかに本人のペースで調整できるかが重要です。シーズン前の環境の変化も気になります。来春のキャンプ地は沖縄から宮崎になる。沖縄出身で、中日では温暖な沖縄キャンプで調整してきたが、宮崎は寒くて風も強い。ソフトバンクのブルペンは屋内なので投球練習は影響がないかもしれませんが、気候の変化への対応もポイントのひとつです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に