著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

渋野日向子には爆発力、古江彩佳にはパットのうまさ 2人は米ツアーでも勝機十分

公開日: 更新日:

ドライバー飛距離が絶対有利とは言えない

 来季からのLPGAツアー参戦を目指して、8ラウンド・144ホールという長丁場のQシリーズ(最終予選会)に挑戦した古江彩佳が通算18アンダー7位、渋野日向子が通算10アンダー20位に終わり、そろってツアーカードを取得しました。日本女子ツアーは試合数が多く、国内にいても何ら困らないのに、あえてタフなLPGAツアーを目指す向上心は称賛に値します。予選会は普段の試合と違い、資格が得られなければ戦うステージが決まりません。そんな心理的に追い込まれた、苦しい状況を見事にクリアし、2人にはさらなる成長が見込まれます。

 米国は選手層が厚く、メジャーになればセッティングが難しくなり簡単ではありませんが、大切なのはショートアイアンの精度です。普段の試合は短めのセッティングもあり、ドライバーが飛ぶ女子プロが断然有利というわけでもありません。

 残り100ヤードの距離を、いかに1ピン以内につけて、チャンスを決められるかの戦いになります。

 さらに真っすぐに打つ安定感よりも、1日に7アンダーも8アンダーも出す爆発力のほうがチャンスがあります。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで