広島の救世主は2人の左腕ルーキー 誠也の後釜より投手陣の整備が最優先

公開日: 更新日:

 広島は10日、広島市内のホテルで新人選手の入団会見を行った。

 ドラフト1位左腕・黒原拓未(22=関学大)は、最速152キロの速球とカットボール、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。ここ2年のドラ1ルーキーは、2019年の森下が新人王、20年の栗林も同賞の有力候補となる活躍を見せただけに、黒原は「昨年、おととしの(ドラフト1位の)方々はすごく活躍されて学ぶことがたくさんある。お会いした時にいろいろ聞いて、シーズンが終わった時に新人王を狙えるところにいられれば」と腕まくりした。

 同2位の最速150キロ左腕・森翔平(23=三菱重工West)は「(先発、中継ぎなど)希望はないので、与えられたところでしっかりとチームに貢献できれば」と抱負を語った。佐々岡監督は「今年のドラフトでは、チームの補強ポイントとして即戦力左腕、将来性のある選手をしっかり獲得できた。この中から新人王を取れるような投手が出てくることを期待している」と呼び掛けた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

  2. 2
    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

  3. 3
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  4. 4
    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

  5. 5
    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

もっと見る

  1. 6
    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

  2. 7
    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

  3. 8
    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

  4. 9
    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

  5. 10
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界