元J1鹿島監督・大岩氏がU20日本代表に就任 采配の評判とパリ五輪の行方

公開日: 更新日:

 サッカー男子で2024年パリ五輪出場を目指す日本代表監督に、元J1鹿島監督の大岩剛氏(49)が就任することが8日、分かった。

 本人はJクラブからの監督就任の申し出を固辞し、3年後の五輪に照準を合わせているという。来年6月のU-23アジア杯は、パリ五輪世代で出場することが決まっており、日本協会の反町技術委員長は年内に人事を固めたい方針を示していた。

 大岩氏は2010年に現役引退後、翌11年から指導者に転身。17年途中から鹿島を率いて18年にはアジア・チャンピオンズリーグで優勝した。19年度まで鹿島で指揮を執り、現在は日本サッカー協会の指導者養成に携わっている。

 元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言った。

「現U-18日本代表監督のため、そのままスムーズにU-20世代を指揮できるということなのでしょう。鹿島監督時代は4-4-2の堅守速攻型でしたが、これはチームの伝統。日本協会の指導者養成に携わっているので、日本代表のポゼッションサッカーはできると思います。ただ、鹿島監督時代に国内のタイトルを取っていないこともあって、どんなサッカーをやるのか、強い印象がありません。将来的にはフル代表の監督も見据えているのでしょうが……」

 パリ五輪世代は、東京五輪でも活躍したMF久保、A代表に初選出されたMF荒木、Rマドリードの下部組織に所属しているMF中井らがいるが、「手腕は未知数」(六川氏)のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”