松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

諸問題うやむやで日ハムから放出…喜べ西川遥輝、夢かなうかもしれんぞ

公開日: 更新日:

 ファイターズから事実上フリーになった西川遥輝外野手。

 5年同じ釜の飯を食ってあっという間に海を渡った大谷翔平に刺激されて「オレにもできる!」。勇躍昨年オフにメジャー挑戦を目指したが、どこからも相手にしてもらえなかったんで急に目標がなくなったものか、今シーズンはずっと覇気がなかった。

 いくつか出回った動画に彼がベンチで取った行動がはっきりと映り込んでいた。先輩コーチが話しかけるのを、「うぜえな」という目でギョロリと睨み返した(そりゃコーチに言われてムッとすることだってあろうよ。でも西川よ、「うぜえな」という態度は裏でやれ)。

 球団の動画サイトでは、試合前にベンチ前で声を出して気合を入れ合う「今日も元気出していきましょう! ファイト!」みたいなシーンで、若手の万波外野手の声出しが気に食わず、言うに事欠いて「おまえ日サロ行き過ぎやろ」と言った。ハーフである万波選手の肌の色をわざと取り上げた人種差別行為だ。球団は動画を消去した後「差別は許されない」という文章を載せたが、発言した選手を特定しなかった(うやむやにしたかったのだろうが、真横にいてうさんくさそうに小さく言い放ったのは彼だったとオレはみている)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”