五十幡・万波・吉田輝星…日ハム新庄監督が考える「若手タレント」に急浮上の面々

公開日: 更新日:

「チームに投手3人、野手4人のタレントをつくり上げていきたい」

 日本ハムの新庄剛志監督(49)は、監督就任会見でこう言った。

【写真】この記事の関連写真を見る(55枚)

 チームには主軸の近藤健介(28)や、いずれもリーグ3位の12勝(6敗)、防御率2.81をマークしたエース上沢直之(27)、1年目で10勝を挙げた伊藤大海(24)らタレントとして活躍が期待される選手が何人かいる。

 残った“タレント枠”に食い込む若手有力候補のひとりは外野手の五十幡亮汰(23)だろう。

 新庄監督は「ノーヒットで点を取る野球」を掲げている。6日に出演したテレビ番組でも、「4番で重視するのはスピード」「足の速い子にホームスチールさせるかも」と話すなど、足を使った野球を目指している。

 五十幡は中学時代に全日本中学陸上選手権の100メートルと200メートルを制し、そこで東京五輪男子200メートル日本代表のサニブラウン(22)に勝った過去を持つ。今季はわずか27試合の出場ながら、チーム2位の9盗塁を決めた。「開幕4番」も十分にありうる。

秋季キャンプ視察で吉田輝星をベタ褒め

 同じ外野手では万波中正(21)も面白い存在だ。今季49試合に出場、126打数25安打、打率.198、5本塁打も、天性のパンチ力がある上、率先して「新庄色」に染まろうとしている。先月上旬に行われた秋季キャンプの初日、新庄監督を直接「ビッグボス」と呼んだ唯一の選手でもあり、肝も太い。

 投手では来季、高卒4年目を迎える吉田輝星(20)だろう。今季の一軍登板は1試合にとどまり、ファームでは19試合(15先発)に登板し6勝8敗、防御率4.45。シーズンを通してローテーションを守り、来季の飛躍が期待されている。

 新庄監督は秋季キャンプで、この吉田を視察した際、「めっちゃ速くね? オレの現役の時、打てないわ。速っ!」とベタボメ。2018年夏の甲子園で秋田県立の農業高校から破竹の勢いで決勝まで進み、「金農旋風」を巻き起こしたように、“タレント”に不可欠な話題性もすでに備えている。

 現時点では一軍半の3人だが、来季は一気にスターダムを駆け上がるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”