“日本マラソンの父”が嘆く「駅伝王国」の本末転倒 カネ以外に開催時期の弊害

公開日: 更新日:

マラソンの父」は嘆いているはずだ。

 数々の名勝負を生んだ福岡国際マラソンが5日、長い歴史に終止符を打った。今大会の誕生は1947(昭和22)年。1912(明治45)年第5回ストックホルム五輪から第7回、8回大会にマラソン代表として出場した金栗四三氏の功績を称え、「金栗賞朝日マラソン」の名称でスタートした。

 その大会が幕を閉じたのは、市民ランナーが気軽に出場できる大会ではなく、参加記録が厳しいエリート大会であり、費用対効果の面からスポンサーが離れ、財政難に陥ったことは、7日付の日刊ゲンダイで触れた。

 だが、福岡国際が消えたのはカネだけの問題ではない。このレースの開催は12月第1日曜。それから1カ月も満たない元日には群馬でニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝)がある。

■マラソンには出るな

「マラソンの疲労を取り、駅伝の調整をするには時間が足りない。マラソンで故障したら駅伝に出場できないので、『福岡には出るな』という監督や所属会社の役員もいます。一方で、3月初旬の東京マラソンは、注目度が高いし、10位まで賞金(1位1100万円)も出る。駅伝が終わってからタップリ時間もある。男子の実業団選手にとって元日の駅伝はそれぐらい重要なのです」(実業団OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に