メッツスカウトとの密会で新庄は提示金額「2000万円」を勘違いし「2億円!」と

公開日: 更新日:

広沢好輝(元ヤクルト、阪神)#1

 2000年11月、六本木にある地下のイタリアンレストランで「密会」をした。新庄と2人、ではない。当時、メッツのスカウトだった大慈彌功さんと3人で。

【写真】この記事の関連写真を見る(55枚)

 この年のシーズン中に取得したFA権を行使した新庄の去就が注目されていた。阪神残留か、国内球団移籍か。メディアが大騒ぎする中、「メッツから連絡が来た!」と喜ぶ新庄から「ついてきて」と言われて同席したのだ。

 それは入団交渉前提の会食で、金額提示もあった。出された数字は20万ドル。契約書を見て「2億円!」と新庄。200万ドルと思っていたらしい。僕が「いや、20万ドル。2000万円やで」と口を挟んだ。

 20万ドルは当時のメジャー最低年俸。大慈彌さんは「こんな金額で申し訳ない」といった感じだった。FA宣言後も阪神とは5年12億円で残留交渉をしていたし、ヤクルトとも交渉を進めていた。まさか2000万円とは思わなかったらしいが、きっと金額を見て闘争心が湧いてきたと思う。

 新庄と僕は同学年で、お互い1989年のドラフト下位で入団(新庄は阪神5位、広沢氏はヤクルト6位)。球団は違ったけれど、僕が96年に入団テストを受けて阪神に移籍してからは、「ご飯に行こう」と誘ってくれたこともあって、気さくにいろんなことを言える仲になった。それ以来、私が97年限りで現役を引退した後も、ハワイや沖縄へ自主トレに行くたびに誘ってくれていた。

愛車はランボルギーニからBMW 普段の新庄剛志は本当に普通の人

 阪神時代から、メディアでは派手な言動が取り上げられることが多かった。先日の日本ハムのファン感謝祭ではランボルギーニで登場したが、阪神時代も契約更改にランボルギーニで訪れ、「しばらくふかさないとエンストするんだ」と心配していた。「給料より車のほうが高い」と笑っていたこともあった。メッツのときの愛車はBMWのX5。ニューヨークなのでアップダウンに適した車種を選んでいた。

 しかし、正直、私の第一印象は「可もなく不可もなく、普通のお兄ちゃん」という感じだった。普段の新庄剛志は本当に普通の人。これが、野球選手の新庄剛志になると違って、自分をプロデュースする能力にたけていた。メッツ時代はまずは名前を知ってもらって覚えてもらわないといけないと、リストバンドを長くしてみたり、いろいろと工夫していた。

 その甲斐あってか、当時の現地の新聞では「日本のロックスター、ジェームズ・ディーンが来た」と取り上げられていたのを覚えている。

 それでも、阪神時代はメディアに不信感を抱いているなというのは一緒にいて感じていた。事実ではないことを書かれたり、プライベートでも追いかけてくる。そのせいか、阪神のときはあまり多くを語らず、だった印象がある。=つづく

▽広沢好輝(ひろさわ・よしてる) 1971年、三重県生まれ。三重県立明野高から89年ドラフト6位でヤクルトに入団。96年に阪神へ移籍。新庄と同学年ということから親交が深く、現役引退後は練習パートナーを務める。現在は三重県で家業のリサイクルショップを経営。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?