ヤクルトV戦士「コロナ禍での更改」は今後もバラ色? “代打の神様”川端は2.5倍増3000万円

公開日: 更新日:

 ヤクルトは6日、計6選手が契約更改。オリックスとの日本シリーズ第6戦で日本一を決める一打を放つなど、代打の切り札として大活躍したベテランの川端(34)が3000万円増の5000万円でサイン。日本シリーズ第6戦に先発するなど、今季12試合登板で4勝だった高梨(30)は現状維持の3700万円、プロ4年目で同じく4勝した金久保(22)も620万円増の1200万円で更改した。

 今季の躍進を支えた中継ぎ陣は、坂本(27=520万円増の1400万円)、大西(24=620万円増の1400万円)と、それぞれ昇給にニンマリだ。

 ヤクルトは今季、6年ぶりのリーグ優勝も果たした。これから本格化する契約更改。選手はバラ色のオフを迎えることができるのか。

「コロナ禍で経営が苦しい中でも、それなりに羽振りがよさそうですよ」

 とは、放送関係者。

「ヤクルトは昨オフ、7年35億円プラス出来高で契約した山田をはじめ、青木、小川といった中心選手と複数年契約を結んでいる。このオフ、優勝したからといって、来年の人件費が大幅に増えることはない。国内FA権を取得した正捕手の中村とは新たに複数年契約を結ぶことで年俸のベースは抑えられる。ドカンと上げる必要がある日本人選手は、突出した成績を残した本塁打王(39本塁打)の村上(1億円)と、50ホールドで日本新記録を更新したセットアッパーの清水(3600万円)の2人くらい。もともとの金額も安いですしね。さらに、コロナ禍のため、多くのお金がかかる優勝旅行は商品券で代用、15年優勝時に一流ホテルの大宴会場で行った祝勝会も自粛する。選手に還元しやすい状況ではあります」

 これが選手のさらなるモチベーションアップにつながれば、来季も期待できそうだが。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾