パ制覇のオリに“大荒れ更改”の予兆…紅林4倍増ホクホクも、村西は金額不満でアップ提示保留

公開日: 更新日:

「とてもいい評価をしてもらいました」

 6日、オリックスの紅林弘太郎(19)が大阪市内の球団施設で契約更改交渉に臨み、720万円から4倍増の2880万円でサイン。報道陣の前で顔をほころばせた。

 2年目の紅林は今季136試合に出場し、打率こそ.228も、10代では球団史上初の2ケタ10本塁打をマーク。大きく飛躍した。

 25年ぶりのリーグ優勝を達成した今季、その立役者になった“投手5冠”の山本由伸(23)や、プロ2年目にしていずれもリーグ2位の13勝、防御率2.51とブレークした宮城大弥(20)、本塁打王(32本)の杉本裕太郎(30)、首位打者(.339)の吉田正尚(28)なども、大幅アップが見込まれる。

 バラ色のオフが待っている選手もいれば、逆もまたしかり。この日、「(金額提示に)こんなもんかと思いました。納得いかないと判は押せない」と、今季870万円からのアップ提示を保留したのは、プロ2年目の右腕・村西良太(24)だ。

 今季は主に中継ぎのワンポイントとして18試合に登板し、1勝0敗1S、5H、防御率3.75。ネット上には「これでアップなら御の字だろ」「文句を言える成績か」という声もあるが、昨季の4試合(1先発)、0勝1敗、防御率9.00から成長の兆しを見せていた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾