阪神・梅野はFA権行使せず残留決断も…来季待ち受ける“イバラの道”

公開日: 更新日:

 去就が注目されていた男が決断を下した。

 3日、阪神の正捕手・梅野隆太郎(30)がFA権を行使せず、残留することになった。球団を通じて、「やっぱり、このチームで優勝したい。その思いが一番でした」などとコメントを発表した。

 流出が懸念されていた。シーズン最終盤は2番手捕手の坂本に先発マスクを譲り、矢野監督はオフに出演したテレビ番組で、「(梅野は)レギュラーに一番近い」と発言したことで、かえって、「レギュラーとちゃうんかい!」とファンを心配させた。今季こそ、日本一になったヤクルトの中村にゴールデン・グラブ賞を奪われたものの、昨季まで3年連続で受賞。FA権を行使し、ウワサに上がっていた巨人にでも移籍しようものなら戦力低下はもちろん、内部情報が流出する危険もあった。

 阪神OBがこう言う。

「残留交渉を巡っては、梅野がまともに球団と話し合いをしたのは11月に入ってからで、矢野監督が出馬しての説得もなかったそうです。『引き留める気があるのか?』と球団に不信感を抱く同僚選手もいたほど。梅野は移籍も視野に入れつつ熟考しましたが、最終的に阪神愛が勝ったのでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”