横浜M・FW前田大然がスコットランド移籍で狙う日本代表エースの座

公開日: 更新日:

 今季J1最終節は、4日に全10試合が同時刻(午後2時)キックオフで行われるが、優勝を決めている川崎F対2位確定の横浜M戦(日産スタジアム)に注目が集まっている。

 川崎のFWレアンドロ(32)と横浜MのFW前田大然(24)が、いずれも22ゴールを挙げて得点ランク1位で並び、熾烈なタイトル争いを演じているからだ。

 高校球児のように短く刈り上げた頭がトレードマークの前田は、50メートル5.8秒の快足を生かしてゴールを量産中。しかし、J屈指のストライカーなのに知名度はイマイチ。東京五輪ではレギュラーになれず、森保ジャパンでは招集されてもベンチ要員が多い。

 直近のW杯アジア最終予選オマーン戦(11月16日)ではベンチ入りメンバーからも外され、スタンドで試合を見守るハメになった。

「前田本人も代表FWにおける序列の低さを自覚しており、海外クラブで活躍して森保監督にアピールするしかないと思っている」とサッカー関係者がこう続ける。

「前横浜M監督のポステコグルーが指揮を執っているスコットランド1部セルティックとの移籍交渉が進み、欧州の移籍マーケットがオープンになる年明け1月中に正式発表される見込み。セルティックには、日本代表のチームメートFW古橋亨梧が所属してCFとしてブレーク中。2日のハーツ戦でリーグ戦8ゴール目、公式戦14ゴール目を決めた。前田にしてみたら、セルティックで古橋と好コンビを組んで大暴れし、序列上位の古橋とのコンビネーション面の良さも森保監督にアピールできるのではーーという思惑も持っている」

 スコットランドで活躍してW杯アジア最終予選の中国戦(来年1月27日)とサウジアラビア戦(同2月1日)で結果を出し、一気に代表エースFWを狙う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”