鈴木誠也の気になるケガ情報 10月フル出場「20試合中4試合のみ」のナゾ

公開日: 更新日:

 ポスティングによるメジャー挑戦を表明している広島鈴木誠也(27)の人気がうなぎ上りだ。

 今年のFA市場は例年と比べて外野手が不作という事情も手伝って、米メディアには「4年68億円」という数字も躍っている。

 労使協定は12月1日に失効。ロックアウトに突入したため交渉はいったん棚上げされるが、鈴木に関して日本の情報提供者が気になる話をもってきた。実は故障を抱えているかもしれないというのだ。

 くだんの情報提供者によれば、広島は10月に20試合あった。そのうち鈴木がフル出場したのは、たったの4試合。残り15試合(3日は出場なし)のうち、4試合は代打出場、7試合は代走が送られたという。鈴木は強肩で守りもいいはずなのに、守備固めを送られたケースまであったそうだ。

 今季は打率.317で首位打者を獲得。タイトルを取るためにあえて休んだとのウワサもあったらしいが、彼は本塁打王もかかっていた。38本はタイトルを獲得した村上(ヤクルト)、岡本(巨人)と1本差だから、そのウワサはアテにならない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”