権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

阪神の絶対的守護神スアレスが退団…“葵の紋所”を失ったチームと矢野監督の不安

公開日: 更新日:

 ヤクルトを20年ぶりの日本一に導いた高津臣吾監督がいい例だ。シーズン途中にマクガフを抑えに抜擢。手痛いリリーフ失敗がありながら、高津監督はビクともしなかった。メンタルのフォローをしながら、言葉だけでなく、抑えとして使い続けることで強固な信頼関係を築いた。結局、マクガフはリーグ3位の31セーブ。ヤクルト優勝の大きな要因になった。

 オリックスとの日本シリーズでも2度の救援失敗をすぐにチャンスを与えることで取り返させ、最後は2回3分の1を託すという凄まじい起用で日本一を引き寄せた。来季のマクガフは恐らく、今季以上に絶対的な存在になる。高津監督は驚くべき度量と胆力で、守護神をつくり上げたのだ。

 翻って、矢野監督はどうか。何十年にひとりと言っていい新人の佐藤輝明を使い切れず、4番でスタートした大山悠輔のことも信用し切れなかった。逸材・藤浪晋太郎はどうしたのか。先発だ、リリーフだ、敗戦処理だと役割をコロコロしているうちに、結局、今年も戦力にし損なった。高卒3年目で14勝を挙げた2015年以降、苦しいシーズンが続いている。もう6年だ。能力の高さは誰もが認めているのだから、使う方に原因を求めざるを得ない。

 巨人にも言えることだが、とっかえひっかえしていては、選手は育たない。いずれにしろ、抑え投手を失った阪神の来季は厳しい。チーム再建に向け、矢野監督には相当な覚悟が必要だと思う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣