権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

阪神の絶対的守護神スアレスが退団…“葵の紋所”を失ったチームと矢野監督の不安

公開日: 更新日:

 痛恨の流出になった。

 阪神を退団することになったスアレス(30)である。今季42セーブを挙げて2年連続セ・リーグのセーブ王になった絶対的な守護神。“野球は抑え”が持論の私からすれば、これは痛すぎる。矢野燿大監督もショックを受けているに違いない。当然、球団は新助っ人を探すだろう。手っ取り早いのは確かだが、首尾よくパワーと制球力を兼ね備えた投手を連れてこられたとしても、それがそのまま通用するかどうかは分からない。それが、抑えという特殊なポジションの難しいところだ。

 ストッパーは、水戸黄門でいえば、葵の紋所。出しただけで相手をひれ伏させるには、ニセモノでは通用しない。威光を持たせるには、使い方も重要なのだ。つまり、監督のハンドリング次第ということになる。

ヤクルト高津監督は「つくりあげた」

 ヤクルトを20年ぶりの日本一に導いた高津臣吾監督がいい例だ。シーズン途中にマクガフを抑えに抜擢。手痛いリリーフ失敗がありながら、高津監督はビクともしなかった。メンタルのフォローをしながら、言葉だけでなく、抑えとして使い続けることで強固な信頼関係を築いた。結局、マクガフはリーグ3位の31セーブ。ヤクルト優勝の大きな要因になった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?