渋野日向子と古江彩佳は“合格”できる? 米女子ツアー最終予選会はどんな会場なのか?

公開日: 更新日:

 国内女子ツアーは終幕。賞金女王を逃した古江彩佳(21)は11月29日、来季の米女子ツアー出場権をかけた最終予選会「Qシリーズ」へ向けて渡米した。渋野日向子(23)はすでに現地に入り、2日の開幕へ向けて調整している。試合は2週間にわたり8ラウンド・144ホールのストロークプレーで行われ、上位45位以内に入れば、来季のツアーメンバーになれる。

 今年の会場は、米アラバマ州の「ロバート・トレント・ジョーンズ・ゴルフトレイル」。どんなコースなのか。ゴルフライターの吉川英三郎氏がいう。

■グリーンが大きな林間コース

「2日から5日までのウイーク1は、トレイルのマグノリア・グローブゴルフコース(54ホール)のクロッシングコース(6782ヤード・パー72)とフォールスコース(7155ヤード・パー71)です。マグノリア・グローブは、ゴルフワールド誌のベストパブリックコースのトップ50に入っており、比較的易しい林間コースです。試合はクロッシングCとフォールスCを組み合わせて72ホールを回り、さまざまな技術が試される。クロッシングCの一部は、牡蠣の殻の捨て場所の上につくられた箇所があり、バンカーには砕いた牡蠣の殻があるホールもある」

アイアンの精度がポイント

 ウイーク1終了時点でカットがあり、70位タイまでが中3日でウイーク2へ進む。会場のハイランド・オークスゴルフコースは9ホールが3つの27ホール。使用するのはハイランドC(3886ヤード・パー36)とマーシュウッドC(3812ヤード・パー36)だ。

「ウイーク1に比べると距離が長く(7698ヤード)、ハイランドCはガードバンカーが巧みに配置され、マーシュウッドCの6番はやや左ドッグの701ヤードもあるパー5です。7700ヤード近いコースですから、女子の試合で全ホールがバックティーからプレーすることはないですが、それでもロングヒッターが有利です。林間コースでこちらのグリーンもマグノリア・グローブと同様に大きい。アイアンの精度がポイントになる」(吉川氏)

 昨年はコロナ禍でQシリーズは中止。2019年は98人が参戦し、日本勢は河本結が通算5アンダー9位タイ、山口すず夏が通算1アンダー16位タイで出場権を獲得。今年は110人が出る。

「渋野、古江の実力なら、アクシデントさえなければ上位45人に入るのは難しくはない。『失敗は許されない』と、自分にプレッシャーをかけないこと。05年の宮里藍、17年の畑岡奈紗のようにトップ合格を目指して欲しいです」(吉川氏)

 ちなみにウイーク2の2日目終了後にも予選カットがあり、通過者は下部のシメトラツアーの出場資格を得られるが、2人とも頭にはないだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”