松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

白熱した試合でヤクルト日本一! セ・リーグも(ハラキョジン以外)やればできるじゃないか

公開日: 更新日:

 今年の日本シリーズ。東京五輪の割り込みをモロに食らい、寒波襲来で選手に防寒、鼻までトックリ覆面みたいなものをかぶせて野球をやらせるのは拷問に近い仕打ちだったろうに、白い息を吐きながらも白熱した熱戦で実に実におつかれさん!

 ワタシが見ていたのは全6試合を完全中継したNHK・BS。加入していないファンも多かったかもしれないが、実況アナも「スワローズとバファローズの日本シリーズ」と呼んでいたのがよかった。

 いまだに「ヤクルトオリックス」と社名で呼ぶ時代遅れな民放もあるが、実業団じゃあるまいし、よしてもらいたい。親会社はしゃしゃり出ないのがいい。

 近くのスーパーで「祝日本一!」というノボリを立ててヤクルト商品のセールをやってたが、そのノボリだって、「祝」の字の下に、紐を引いたらパンとテープが飛ぶ、ホレ、あれなんちゅうの? あ、クラッカー、そうそう! あれがパンと紙吹雪を噴いた絵が染めてあったり、なんだか手作り感満載でな。

 いまどきクラッカーの絵なんざ、SNSで誕生日の友だちにおめでとうと打ち込むと添えられるイラストぐらいなもんでな。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか