ヤクルト「前年最下位」から豹変! 20年ぶり日本一に導いた高津監督の投手陣再建と信頼我慢

公開日: 更新日:

 27日に勝利し、2001年以来、20年ぶりの日本一。ヤクルトの高津臣吾監督(53)が、神戸で10度、宙を舞った。

【写真】この記事の関連写真を見る(33枚)

 就任2年目でチームを優勝、日本一に導いた指揮官だが、昨季は2年連続の最下位に終わった。課題は明確だった。チーム防御率が19年「4.78」、昨年「4.61」とボロボロだった投手陣の再建である。

 2年目の今季は、高津監督に変化が見えた。自ら投手ミーティングに参加し、盟友・伊藤智仁、石井弘寿両投手コーチとともに選手の意識改革に着手。日本では神宮球場にしか設置されていない高性能情報分析機器のホークアイも活用しつつ、チーム防御率は3.48と大幅に改善した。メディア関係者が言う。

「昨季は多くの投手に一軍での登板機会を与えて下地をつくりつつ、コーチとともに、各球種の回転数、変化量、角度などを分析しながら、どの球種が、よりストライクが取れるのかという基本的なことから、相手打者の分析、抑えるための効果的な球種・配球なども助言。加えて、伊藤コーチはシーズン中にたびたび各投手と個人面談を行い、『見せ球としてチェンジアップを使うのはどうか』などと意見交換していた。今季、ブレークした奥川恭伸(20)はスライダーとフォークに加え、ボールの回転数を意識した上でカットボールを習得。投球に強弱や奥行きを使い、空振りを取る球、カウントを稼ぐ球を意識していた。『打たれてもいいから、どんどん勝負しよう』とメンタル面もフォローした。正捕手・中村のリードも冴え、投手陣を再建しました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか