“くすぶる男”日本ハム・清宮が年俸も体重も減った!「新庄イズム」で着実に進む意識改革

公開日: 更新日:

「下がりました。制限いっぱいのダウンです」

 26日、日本ハム清宮幸太郎(22)が札幌市内で契約更改交渉に臨み、500万円減額の年俸1700万円でサインした。プロ4年間で自身初の一軍未出場に終わった今季はファームで106試合に出場。19本で二軍の本塁打王になったが、打率は.199に終わった。

 当初の期待を裏切り続ける清宮に対し、球界ではこんな冷ややかな声もある。

「いつまで経っても芽が出ないのは過去の栄光にとらわれているからでしょう。新庄監督に『ちょっとデブじゃね? ちょっと痩せない?』と持ち掛けられた際(9日)、まず『痩せてしまったら打球が飛ばなくなるのが怖いので……』と返していた。こんな部分からも過去に固執しているというか、自分の一番良かった時期を追ってしまっているように映ります」(球界OB)

 そんな清宮も、少しは変化しているようだ。この日、報道陣から体重についての質問が及ぶとわずか2週間余りで5、6キロ減量したことを明かし、さらに4、5キロ落とすつもりだという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”