パリ五輪マラソン選考基準変更…メダル獲得にはペースメーカー不要! 元陸連副会長も苦言

公開日: 更新日:

 次の五輪もメダルは無理だ。日本陸連は25日、2024年パリ五輪男女マラソンの代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場条件を発表した。選考会では複数のレースを走らせるなど、内容は東京五輪の代表選考とほぼ変わらないが、男子は設定記録が1分速くなり、新設されたジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズの男女上位3人には賞金(1位600万円)も出るという。

 今年の東京五輪は大迫傑が6位。女子は一山麻緒の8位がベスト。男女とも入賞は果たしたもののメダルには届かなかった。パリ五輪ではメダルを狙えるよう、基準記録を1分上げたり、ニンジン(賞金)をぶら下げるのだろうが、ペースメーカー(PM)を廃止しない限り、マラソンニッポンの復活はない。

■小細工は不安

 例えば、昨年の福岡国際だ。

 3月の東京マラソンで大迫が出した日本記録(2時間5分29秒)を更新させようと、第1集団のPMには1キロ2分58秒(ゴール設定=2時間5分10秒)のペースを指示。ところがPMが30キロで外れると一挙にペースダウン。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に