MLB労使協定失効まで1週間…大谷翔平がロックアウト不可避なら“大損”する理由

公開日: 更新日:

 大リーグの労使協定失効まで1週間に迫った。

 今回は年俸総額に応じて発生するぜいたく税、選手の年俸調停やFA権取得条件が争点。オーナー側と選手会側は真っ向から対立しており、マンフレッド・コミッショナーはロックアウトの可能性を示唆。選手会側も2月のキャンプまでに合意に達しなければ、1994年以来のストも辞さない構えを見せている。

 仮にストに突入し、開幕がズレ込めば、日本人選手で最も被害を受けるのはエンゼルス・大谷翔平(27)ではないか。

 選手会主導によるストライキ期間中は当然、勤務実態がないため、実働期間(サービスタイム)にカウントされない。ストが長期化すれば、FA取得期間は先送りされる。大谷は最短で23年のシーズン終了後、29歳でFA権を取得するが、ストによってFA市場に出るのが遅れる可能性もある。前回のストは94年8月から95年4月まで、7カ月半に及んだ。今オフのMVP受賞で、大谷の評価はうなぎ上り。複数の米メディアは2年後のオフには総額400億円規模の大型契約を結ぶと予想しているものの、故障リスクが高い二刀流だけに、FA権取得がズレ込めば、それだけ年齢を重ねているわけで商品価値は低下しかねない。

 二刀流効果で来季の集客増を見込むエ軍にとっても損失は甚大だ。ストが長引けば、ファン離れを引き起こすのは過去の歴史が証明している。来季、ボブルヘッド人形などを配布する大谷のプロモーションデーを5試合設定したが、ストが長期化するようなら地元ファンからソッポを向かれかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”