監督交代が相次ぐ今季のJリーグ「ポスト森保」問題とつながる“点と線”

公開日: 更新日:

 12月4、5日に最終節を迎えるJリーグ。今季は、例年以上に監督交代が頻発している。

 J1の、J2降格4チームは、最下位20位の横浜FC、19位の仙台、18位の大分の降格が決定。仙台は23日に手倉森監督(54)の退任を発表した。横浜FCの早川監督(44)、大分の片野坂監督(50)も辞意の意向を固めているといわれ、今季後に退任が発表される見込みだ。

 J1ではFC東京の長谷川監督(56)が今月7日、成績不振を理由に退任。22日に今季限りの退任を電撃発表したJ2新潟のアルベルト監督(53)の後任監督就任が既定路線とされている。

要チェックは大分の片野坂監督

「一連の動きはJの監督人事にとどまらず、ポスト森保問題と<点と線>でつながっている」とサッカー関係者がこう言う。

「W杯アジア最終予選序盤でもたついた森保監督も、グループBの2位に浮上したことで解任危機を脱したように見える。しかし、代表監督の後任候補が次々と退任したことでポスト森保の流れは途切れていない。J3冠の実績のある長谷川監督は、森保監督と比べると<選手交代の妙など勝負師としての能力は上>ともっぱら。リオ五輪代表監督だった手倉森監督は、選手の懐に入って<一緒にファイトできる監督>として評価されている。2016年にJ3大分の監督に就任してからJ2昇格、J1昇格を果たした片野坂監督は組織立った攻撃サッカーを身上とし、相手によって先発を入れ替えるなど策士ぶりを発揮。同業者からも高く評価されている。この片野坂監督の動向は要チェックでしょう。森保監督も片野坂監督の手腕を認め、1年半ほど前に『代表コーチとして支えてほしい』と打診しているほどです」

 ポスト森保レースの火は消えていない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された