元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

公開日: 更新日:

野崎勝義(元阪神球団社長)#1

 2000年のシーズン終盤のことだ。

 阪神タイガースのフロントは、水面下でFA権を取得した新庄剛志と残留交渉を行っていた。

 当時28歳の新庄はこの年、自己最高の打率.278、28本塁打、85打点をマーク。チームに欠かせない主力選手に成長していた。

■「優勝を争えるチーム」

 彼にはこんな環境でプレーしたいという希望があれば教えてもらいたいと尋ねたが、「自分が6番を打てる戦力のある球団」「優勝を争えるチーム」と取り付く島がない。

 当時は野村監督の2年目。前年までの5年間は最下位4回で、あとの1回も5位。この年も最下位だったから、とてもじゃないがタイガースは当てはまらない。

 だからといって看板選手の新庄を、おめおめと他球団に引き渡すわけにはいかない。

 他球団の話を聞くことをせず、FA宣言をしたうえでタイガースに残留することを前提に希望する条件を言って欲しいと水を向けても、「5、6球団から話が来ていて、その中で自分はメジャーと横浜に興味を持っています。メジャーは野手としてだれも挑戦していないので少し怖いが、1年でも許されれば行きたいという気持ちがあります。せっかくのFAです。選手であれば、他球団の評価も聞いてみたいと思うのは自然なことでしょう」と、にべもない。

■「父とはFAについてひと言も話していない」

 スポーツ紙に「息子はタイガースで選手生命を終えるべき」との父親のコメントが載ったことを引き合いに出しても、「父とはFAについてひと言も話していない。それよりマスコミには不信感を持っています。他球団に行けば、これほど書かれないと思う」と言う。

 親しい人には「阪神にいると後援者や周囲の状況が大変で、野球に集中できない」「野村監督には感謝しているが、阪神にはいたくない」と漏らしていたそうだから、彼はとにかく阪神を出ることが前提だったように思う。

「私生活も含めて細大漏らさず書かれるのが嫌でたまらない」とも話していた。

人を介して売り込み

 新庄が「興味を持っている」と言った横浜はしかし、この年のオフに転機を迎えていた。主砲のローズが金銭で折り合わずに退団。戦力がダウンしたことに加え、指揮官が権藤博監督から森祇晶監督に代わった。新庄の中では、これが大きかったのだろう。「森監督の管理野球では力を発揮できない」と言ったともいう。

 新庄の移籍先として次に浮上したのがヤクルトだった。

 オフに外野手のラミレスを獲得。稲葉、真中がいて外野は埋まっていただけに、新庄は人を介して自分を売り込んだようだった。

 当時、わたしが懇意にしていたヤクルトの田口代表は「ウチから取りにいくんじゃない。(新庄サイドから)売り込みがあったんだ」と話していた。=つづく

*この記事の関連【動画】もご覧いただけます。


▽野崎勝義(のざき・かつよし) 1942年、大阪府東大阪市出身。阪神電気鉄道株式会社・航空営業本部旅行部長を経て、96年、阪神タイガースに球団常務として出向。01年から04年まで球団社長を務めた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?