巨人金欠で最多勝・九里の広島残留に球団ニンマリ “全権”原監督だけが眉ひそめるトホホ

公開日: 更新日:

 FA市場の目玉のひとり、広島九里亜蓮(30)が22日、来季以降も広島に残留すると表明した。

 条件は3年総額6億5000万円ほどとみられる。今季は自身初の2ケタ勝利となる13勝(9敗)をマークし、最多勝のタイトルを獲得した。去就が注目されたが、あっさり残留決着。これに、眉をひそめているのは巨人原辰徳監督(63)だろう。

 巨人は借金1の3位に沈み、CSファイナルステージでは1勝もできずに敗退した。当然、大補強に乗り出すと思いきや、原監督は山口オーナーにシーズン終了の報告をした際、「僕が答えをパンと出してしまうのはおかしな話。FA選手は今年はたくさんいる。その選手たちの権利は大事にしてもらいたい。それが野球界の中で選手として誇れるひとつの材料であることは間違いない。その部分というのは、答えない方がいいと思いますね」とけむに巻いたのだ。

九里のFA補強になれば10億円規模のカネ

 さる球界関係者がこう言った。

「常々、『FA補強に参加するのが巨人』と語っていたのに、今回は微妙な言い回し。原監督は惨敗したのだから当然、FA補強をしたい。でもコロナ禍の影響で、さすがの巨人も金庫にカネがないそうです。一番の目玉だった広島・大瀬良が残留濃厚だったことで、巨人としては『外国人補強はしっかりやるのでFAは封印しましょう』との方針だそうです。もし九里のFA補強に動くなら、10億円規模のカネが必要になるところだった。巨人はニンマリではないか。原監督からすれば、先発投手は最大の補強ポイントだけに、最多勝投手の残留表明は暗いニュースでしょうけど……」

 ただし、来季以降も引き続き“全権”である原監督が納得していない以上、「巨人はFA補強封印」との一部報道はうのみにはできない。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

  3. 3
    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

  4. 4
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 5
    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

もっと見る

  1. 6
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 7
    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

  3. 8
    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

  4. 9
    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

  5. 10
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!