巨人金欠で最多勝・九里の広島残留に球団ニンマリ “全権”原監督だけが眉ひそめるトホホ

公開日: 更新日:

 FA市場の目玉のひとり、広島九里亜蓮(30)が22日、来季以降も広島に残留すると表明した。

 条件は3年総額6億5000万円ほどとみられる。今季は自身初の2ケタ勝利となる13勝(9敗)をマークし、最多勝のタイトルを獲得した。去就が注目されたが、あっさり残留決着。これに、眉をひそめているのは巨人原辰徳監督(63)だろう。

 巨人は借金1の3位に沈み、CSファイナルステージでは1勝もできずに敗退した。当然、大補強に乗り出すと思いきや、原監督は山口オーナーにシーズン終了の報告をした際、「僕が答えをパンと出してしまうのはおかしな話。FA選手は今年はたくさんいる。その選手たちの権利は大事にしてもらいたい。それが野球界の中で選手として誇れるひとつの材料であることは間違いない。その部分というのは、答えない方がいいと思いますね」とけむに巻いたのだ。

九里のFA補強になれば10億円規模のカネ

 さる球界関係者がこう言った。

「常々、『FA補強に参加するのが巨人』と語っていたのに、今回は微妙な言い回し。原監督は惨敗したのだから当然、FA補強をしたい。でもコロナ禍の影響で、さすがの巨人も金庫にカネがないそうです。一番の目玉だった広島・大瀬良が残留濃厚だったことで、巨人としては『外国人補強はしっかりやるのでFAは封印しましょう』との方針だそうです。もし九里のFA補強に動くなら、10億円規模のカネが必要になるところだった。巨人はニンマリではないか。原監督からすれば、先発投手は最大の補強ポイントだけに、最多勝投手の残留表明は暗いニュースでしょうけど……」

 ただし、来季以降も引き続き“全権”である原監督が納得していない以上、「巨人はFA補強封印」との一部報道はうのみにはできない。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由