亀新フィーバーの92年 年俸大幅増の新庄にアドバイスすると「え、税金って何ですか?」

公開日: 更新日:

野田浩司(元阪神、オリックス投手)

 めちゃくちゃ肩の強いやつが一軍に上がってきたな――。

 野田氏が5年目の1992年5月のこと。主砲で正三塁手だったオマリーが故障離脱したことを受け、高卒3年目の新庄が急きょ昇格を果たした。

「三塁の守備練習を見ていると、一塁にビュンビュン投げていて、コントロールは悪かったけど、鉄砲肩は際立っていました。すると、昇格初打席で初球をいきなりプロ初本塁打。これが決勝打となってフィーバーが始まりました」

 新庄は7月から中堅に入り、右中間コンビを組むことになる亀山努が、ガッツあふれるヘッドスライディングで甲子園を沸かせていた。そこに新庄が加わり、「亀新フィーバー」が巻き起こった。

「新庄の台頭によって女性ファンが激増しましたね。新大阪駅から新幹線で移動する時なんて、ホームで、もみくちゃにされましたから。女性ファンがギリギリまで新庄に近づこうとして、新幹線の中に入った途端、ドアが閉まってしまったことがあった。新庄は広報部員に守られているから気付いていない。その子は京都駅で下車してUターンしたみたい。行く先々で新庄目当ての若い女性がボードを掲げていて、まるでコンサート会場のようでした」

 当時の選手寮「虎風荘」は甲子園球場の東隣にあった。寮生は徒歩で球場入りするが、新庄は歩いて数分の距離を寮長が車で送迎しなければならないほど、フィーバーは凄まじかった。

隣の甲子園へ寮長が車で送迎

 その年、阪神は優勝争いに加わり、2位に終わったものの、「虎のプリンス」は11本塁打をマーク。当然、取材も殺到した。野田氏は新庄に、こう助言したという。

「このオフは年俸もバーンと上がるだろうし、テレビ出演とかインタビューとか副収入もたくさんあるだろう。でも、来年の税金の分は考えておかないといかんぞ」

「え? 野田さん、税金って何ですか?」

「は? 所得税といって今年稼いだ分から、来年何%か納めるもんや! 国民の義務や。知らんのか?」

「稼いだ分は全部もらえるんじゃないんですか?」

「そんなわけないやろ!とにかく取っておかないとあかんぞ」

 野田氏は92年オフ、トレードでオリックスへの移籍が決まった。その頃、新庄の年俸は2200万円に大幅アップ。すぐに2000万円のベンツを購入したそうで、後に「(残りの)200万円で過ごせばいいと思った。税金を知らなかった」と出演したテレビ番組で大笑いしていたという。

「『人の話を聞いていなかったんかい!』とテレビに向かって突っ込んだのは言うまでもありません」(この項おわり)

*この記事の関連【動画】もご覧いただけます。


▽野田浩司(のだ・こうじ) 1968年2月9日生まれ。熊本県出身。多良木高から九州産交を経て87年ドラフト1位で阪神入り。92年に松永浩美とのトレードでオリックス入り。93年に17勝5敗で最多勝。95年に1試合19奪三振のプロ野球記録。2000年引退。通算成績は89勝87敗9セーブ。05年から08年までニチダイでコーチ。現在はJSPORTS野球解説者。NTT西日本で投手を指導中。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”