代表デビュー三笘薫が無策の森保監督を救う オマーン戦の辛勝を釜本邦茂氏らはどう見たのか

公開日: 更新日:

 カタールW杯のアジア最終予選でモタついていた森保ジャパンが、日本時間17日午前1時キックオフのオマーン戦を1-0でモノにした。

 勝ち点を12とし、中国と引き分けたオーストラリアと入れ替わり、初めて「W杯自動出場圏内」となるB組2位に浮上した。

 救世主は、後半から投入されてA代表デビュー戦を<決勝アシスト>で飾ったMF三笘薫(24=サンジロワーズ)だ。

 積極果敢なドリブル突破が三笘の真骨頂。後半開始早々、持ち場である左サイドから仕掛けてオマーン選手のファウルを誘発。このワンプレーがチームを波に乗せた。

 メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏がこう言う。

「ほぼ普段通りの先発メンバーだった日本代表は前半、いつも通りのパスサッカーを展開。ボールの動きが、まるで各駅停車のようにノンビリとしたものに感じられ、前半シュート4本の日本の攻撃からゴールの予感は漂ってこなかった。ところが、三笘が入った後半は攻撃が活性化し、後半36分のMF伊東に送った決勝点アシストは見事だった。森保日本代表にとっては、ドリブラーの三笘が一筋の光明となった」

三笘薫をなぜスタメンで使わない?

 それにしても、三笘の活躍で森保一監督(53)の無策ぶりが際立った格好だ。

「なぜ三笘をスタメンで使わないのか。そもそも招集が遅過ぎないか、という疑問が残る」と指摘する元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がさらに続ける。

「森保監督は常に安全策を重視し、チャレンジができないタイプの指揮官です。なのでW杯最終予選など大事な試合は、普段通りのメンバーをスタメンに並べてしまう。0-1で敗れた10月のサウジアラビア戦でパスミスを犯し、ゴールを献上したMF柴崎を3試合ぶりに先発復帰させたが、これはチャレンジとは言えない。あくまで挽回の場を与えようという温情采配です。Jで結果を残しているDF旗手、FW前田、FW上田の3選手をベトナム戦に続いてベンチにも入れなかったことは、もう不可解と言うしかない。前田はJ得点ランク1位、上田は4位。得点力不足にあえいでいる日本代表が<旬のストライカー>を使うのは基本ですが、ベンチにも置かない森保監督のメンタリティーには、今後の日本代表の行く末に不安を感じてしまいます」

 2位浮上も「本当にW杯に行けるのか?」と疑心暗鬼にさせてしまう森保監督。

 マンネリ用兵指揮官に、このまま日本代表を任せていいのか――。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    侍Jの官邸表敬訪問は誰も止められなかったのか…帰国当日のムチャぶり強行軍に疑問噴出

    侍Jの官邸表敬訪問は誰も止められなかったのか…帰国当日のムチャぶり強行軍に疑問噴出

  2. 2
    芦田愛菜、谷花音、鈴木福、本田望結…高学歴が話題の元子役たち“評価真っ二つ”のナゼ

    芦田愛菜、谷花音、鈴木福、本田望結…高学歴が話題の元子役たち“評価真っ二つ”のナゼ

  3. 3
    滝沢秀明氏の新会社設立は“辞めジャニ”の受け皿に…古巣ジャニーズ事務所は余裕の静観

    滝沢秀明氏の新会社設立は“辞めジャニ”の受け皿に…古巣ジャニーズ事務所は余裕の静観

  4. 4
    滝沢秀明氏「新会社設立」の絶妙タイミングに称賛集まる “辞めジャニ”勝ち組・負け組が鮮明に

    滝沢秀明氏「新会社設立」の絶妙タイミングに称賛集まる “辞めジャニ”勝ち組・負け組が鮮明に

  5. 5
    ジェシカ容疑者は“夜の女王”…美人ハーフ道端3姉妹の奔放すぎる行動と素顔

    ジェシカ容疑者は“夜の女王”…美人ハーフ道端3姉妹の奔放すぎる行動と素顔

  1. 6
    WBC連覇逃した米国のやりたい放題! カネ・ルール変更・身内の審判…その先に見据えるもの

    WBC連覇逃した米国のやりたい放題! カネ・ルール変更・身内の審判…その先に見据えるもの

  2. 7
    大谷翔平は「最高級品」ゆえのオール特別待遇だった 決勝戦リリーフ登板は本人がエ軍に“直談判”

    大谷翔平は「最高級品」ゆえのオール特別待遇だった 決勝戦リリーフ登板は本人がエ軍に“直談判”

  3. 8
    キムタク「教場0」ビジュアル解禁も反応パッとせず…福山雅治との“番宣合戦”で共倒れの懸念

    キムタク「教場0」ビジュアル解禁も反応パッとせず…福山雅治との“番宣合戦”で共倒れの懸念

  4. 9
    元AKB48“神7”の明暗クッキリ…篠田麻里子はドロ沼離婚、板野友美は夫がWBC優勝で歓喜

    元AKB48“神7”の明暗クッキリ…篠田麻里子はドロ沼離婚、板野友美は夫がWBC優勝で歓喜

  5. 10
    見事だったWBC決勝での侍J継投策 吉井投手コーチは“一球入魂”の落とし穴を熟知していた

    見事だったWBC決勝での侍J継投策 吉井投手コーチは“一球入魂”の落とし穴を熟知していた