永久シード権もつ元女王・不動裕理が語った 女子プロゴルフに“隔世の感”

公開日: 更新日:

 稲見萌寧(22)が2位に9打差をつけての圧勝で幕を閉じた先週の伊藤園女子ゴルフ。ツアー通算50勝で永久シード権をもつ不動裕理(45)は37位だった。2日目、渋野日向子(23)と同組で回り、こんな印象を持ったという。

「第1打であのあたりという感じではなく、点で狙うスタイル。渋野さんに限らず、最近の若手はアグレッシブに攻めるプレーが際立っている。私は保険をかけ、どちらかといえば安全第一が多い」

 最近のピン位置については「かなり端に切られて難しいですが、そうやって攻めていくからバーディーも取れると思う」といった。

不動が今20歳なら稲見といい勝負?

 このコメントを聞いたツアー関係者は、こんな「解説」をしてくれた。

「不動さんが6年連続賞金女王になったのは2000年が最初。当時より用具は進化し、多くの選手は5番アイアンを抜いて、160ヤード以上は高弾道のユーティリティーやショートウッドでピンを狙う。ピン位置は昔にくらべれば確かに難しい。先週の大会も初日なのに左右から5ヤード以内に切られたホールが11もあった。協会が海外で戦える選手を育てようという狙いから、難しい位置に切るようになったのです。ホール距離も20年前より伸びたし、カットラインのスコアも高くなっている。でも、技術がある不動さんが今20歳なら、稲見さんといい勝負ができますよ(笑い)」

 不動は20歳前後の選手が活躍していることについては「19、20、21歳で賞金女王争いを演じる選手がいる。でも、その年齢でたとえ活躍できなかったとしても、ツアー生活は長い。焦らずやってほしい」といったが、前出の関係者は「それは難しい」とこう話す。

「今は試合数が多く、賞金も高い。次から次に力のある若手が出てくるから、みんな『若いうちに稼いで、30歳でおしまい』と考えているんじゃないですか。実際、30歳以上でバリバリ活躍している選手はほんの一握り。国内21勝で15、16年の賞金女王だったイ・ボミ(33)でさえ、今季はシード落ちしたほどですから」

 ちなみに、不動が最後に賞金女王になった05年は29歳だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された